読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

特急の扉が1センチ開いたまま走行…重大インシデントに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 近畿日本鉄道は25日、特急列車の扉が約1センチ開いたまま最大3分間、三重県内を走るトラブルが23日夜にあり、国の運輸安全委員会から、事故につながりかねない「重大インシデント」に認定されたと発表した。

 発表によると、23日午後6時50分頃、近鉄名古屋発大阪難波行き特急アーバンライナー(6両編成)が三重県朝日町を走行中、車掌が最後尾のデッキの扉が約1センチ開いているのを発見。すぐに停車させた上で扉を施錠し、次に停車する近鉄四日市駅で全乗客127人を降ろして運転を打ち切った。折り戸を開閉するための鉄製の軸の一部が破断し、閉じた状態を保てなくなったことが原因としている。

 軸は18年前に交換されており、定期点検や動作確認で異常は確認されていなかったという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2548126 0 社会 2021/11/25 19:47:00 2021/11/25 19:47:00 2021/11/25 19:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)