検索で上位の業者選んだら、台所の配水管修理で30万円超の高額請求…女性「閲覧多いと誤認した」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トイレ修理や鍵の交換など、業者が出張訪問して行う「暮らしのレスキューサービス」の利用を巡り、インターネット検索で表示された業者に依頼し、不当な高額請求を受けるなどトラブルに巻き込まれるケースが京都府内で増えている。背景には、検索ワードに応じた内容の広告が検索画面の上位に表示されるリスティング広告の仕組みが影響しているとみられている。(松崎遥)

「水回り950円~」

 京都府消費生活安全センターによると「暮らしのレスキューサービス」に関する相談件数のうち、電子広告が関わる割合は2019年度の31・4%に対し、20年度は45・2%と急増した。

 検索サイトで、キーワードを入力すると、閲覧回数が多いホームページのアドレスが表示される傾向にあるが、リスティング広告はそれらより上位に表示される。アドレスの横に「広告」と表示されるのが一般的だ。

 「水回り950円~」「見積もり無料」などと安価を強調する広告が目立つ。センターの担当者は「悪質な業者は、追加工事が必要などと理由を付けて高額請求する。地元の工務店など信頼できる業者を日頃から見つけておくことが大切だ」と注意を呼びかける。

「閲覧多い」と誤認

 水回りの修理を依頼した際、不当に高額な代金を請求されたとして府内などの男女12人が業者らに損害賠償を求めている訴訟では、12人全員がネットで検索した業者に連絡を取っていた。

 昨年10月、キッチンの配水管修理で30万円以上を請求された京都市の女性は、検索で「最短20分」「見積もり無料」と広告でうたっていた業者に連絡した。女性は「夕飯時で急いでいたため、検索で上位にでてきた業者を選んでしまった。広告だと気付かず、閲覧数が多いので安心できると誤認してしまった」と悔やむ。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2552854 0 社会 2021/11/27 18:56:00 2021/11/27 19:21:12 2021/11/27 19:21:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211126-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)