読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

巡回中に女性宅に上がり込み性的行為、巡査長「男女の関係になれると思った」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 勤務中に一般女性と性的な行為をしたなどとして、千葉県警は26日、成田署の男性巡査長(37)を強制わいせつと強制性交容疑で千葉地検に書類送検した。県警は同日、減給6か月(10分の1)の懲戒処分とし、巡査長は同日付で依願退職した。

千葉県警
千葉県警

 発表によると、巡査長は昨年7月31日と同8月6日午後、担当地域を1軒ずつ訪ねる巡回連絡中に、かねてLINEで連絡を取り合っていた女性宅に上がり込み、性的な行為をした疑い。公休日の8月7日には、女性宅に行き、性行為をした疑い。巡査長は「LINEで連絡を取り合ううちに、男女の関係になれると思った」と話しているという。

 巡査長は、同署管内の駐在所に一人で勤務。一昨年4月頃、臨場した現場で女性と知り合い、昨年7月、連絡先を交換したという。監察官室の川口光浩首席監察官は「警察の信頼を損ねる行為で、県民に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2552235 0 社会 2021/11/27 11:08:00 2021/11/27 13:51:51 2021/11/27 13:51:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211126-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)