日常的に「お前はダメなやつだ」…中電工社員自殺、遺族「パワハラが原因」損賠提訴

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中電工(本社・広島市)の隠岐営業所勤務だった男性社員(当時44歳)が2020年に自殺したのは上司のパワーハラスメントが原因だとして、遺族が同社と上司に約6000万円の損害賠償を求める訴訟を地裁西郷支部に起こした。提訴は15日付。

 訴状などによると、男性は上司から日常的に「お前はダメなやつだ」「辞めてしまえ」などと言われた。昨年9月にあった社内の慰労会では約2時間にわたり正座の上、容姿や私生活を侮辱され、男性はその3日後に自殺した。

 同社は調査委員会を設置して調べたが「死亡に業務起因性がない」として、遺族の求める上司の処分や労災としての扱いを認めなかったため、提訴したという。

 遺族は同社などに対し「 真摯しんし に受け止め、誠意ある対応を行うとともに、このような出来事が起きないよう、体制を強化してほしい」とコメントしている。

 中電工は取材に対し「訴状の内容については、裁判で明らかにしていきたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2554234 0 社会 2021/11/28 13:15:00 2021/11/28 14:05:10 2021/11/28 14:05:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)