血を流し用水路に倒れる死亡男性、同僚に付き添われ出頭した27歳男を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県警匝瑳署は28日、千葉県横芝光町横芝、自称アルバイトの男(27)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と、道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

千葉県警
千葉県警

 発表によると、男は24日午後5時45分頃、匝瑳市東谷の市道で、自転車で走行中だった旭市三川の山口浩明さん(56)をはねて死亡させ、そのまま逃げた疑い。同日午後6時35分頃、市道脇の用水路で血を流して倒れている山口さんを通行人が発見し、110番した。同署がひき逃げ事件とみて捜査していたところ、男が27日、職場の同僚に付き添われて同署に出頭した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2555788 0 社会 2021/11/29 09:02:00 2021/11/29 09:02:00 2021/11/29 09:02:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211128-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)