「トラトラトラ」洋上で耳に 真珠湾攻撃80年…100歳元軍人・原口さん「戦争は過ち」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 旧日本海軍がハワイ・オアフ島の真珠湾に停泊中の米太平洋艦隊を奇襲した「真珠湾攻撃」から、来月8日で80年。攻撃に参加した100歳の元海軍大尉は今、作戦に成功した誇らしさや胸の高鳴りを思い出しつつも、「戦争は二度と起こしてはならない」と訴える。(石坂麻子)

緊張感や心情 日記残す

士官室で乾杯

日記に残されている真珠湾攻撃の日の記述。「敵ハ真珠湾ニアリ」「奇襲成功セリ」などの文字が読める
日記に残されている真珠湾攻撃の日の記述。「敵ハ真珠湾ニアリ」「奇襲成功セリ」などの文字が読める
80年前に参加した真珠湾攻撃について語る原口さん(10月、長崎県雲仙市で)
80年前に参加した真珠湾攻撃について語る原口さん(10月、長崎県雲仙市で)

 <開戦ハ必至ナリ。日本男児トシテ、軍人トシテ、千載一遇ノ時ハ まさ ニ来タラントス>

 原口静彦さん(100)が日記にそうつづったのは1941年11月15日だった。広島県出身で、当時19歳。この日、海軍幹部を養成する海軍兵学校を卒業した。

 <初メテ航海士トシテ艦橋ニ立ツ。波高シ>(11月18日)

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2555372 0 社会 2021/11/29 05:00:00 2021/11/29 05:00:00 2021/11/29 05:00:00 原口さんの真珠湾攻撃当日の12月8日の日記(原口さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)