「トラトラトラ」洋上で耳に 真珠湾攻撃80年…100歳元軍人・原口さん「戦争は過ち」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本は当時、日中戦争が泥沼化する中、米国から石油禁輸などの制裁を受けて国内経済が疲弊し、開戦論が高まっていた。今も大切に保管する日記には、当時の緊張感や心情がつぶさに記録されている。

 原口さんは18日、重巡洋艦「筑摩」に乗り、大分県の佐伯湾から出港。洋上で20歳の誕生日を迎え、海軍の機動部隊が集結する択捉島の 単冠ひとかっぷ 湾に入った。

 <艦員一同、異常ナル緊張ト決意トヲ面ニ表シテ訓示ヲ聞ク>(11月24日)

 艦長から奇襲作戦が発表された。「天皇陛下万歳」を三唱し、士官室に集まって乾杯。2日後に出港し、ハワイに向かった。

 12月1日、昭和天皇の御前会議で開戦が最終決定した。山本五十六司令長官が翌日、機動部隊に「ニイタカヤマノボレ 一二〇八」の暗号電文を発し、攻撃の予定日が決まった。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2555372 0 社会 2021/11/29 05:00:00 2021/11/29 05:00:00 2021/11/29 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)