読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチンだけで感染防げぬ…2回接種後クラスター、施設側「ウイルスはわずかな隙も見逃がさず」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの「第5波」のさなかに、ワクチン2回接種後に感染する「ブレイクスルー感染」でクラスター(感染集団)が発生した岡山県の特別養護老人ホームが、読売新聞の取材に応じた。施設は接種後も職員の移動を制限するなど対策を継続していたが、防げなかった。接種の広がりを背景に行動制限の緩和が進むが、施設側は「感染防止策の徹底が不可欠だ」と訴える。(松田卓也)

手指を消毒する日本原荘の職員ら。クラスター発生後は以前にも増して感染対策に気を使っている(岡山県津山市で)
手指を消毒する日本原荘の職員ら。クラスター発生後は以前にも増して感染対策に気を使っている(岡山県津山市で)

 岡山県津山市の特別養護老人ホーム「日本原荘」。要介護度3~5の長期入所者38人と短期入所者6、7人が利用し、職員は約40人。長期入所者と職員のほぼ全員が、6月までに米ファイザー製ワクチンの2回接種を終えていた。

 最初の感染者が確認されたのは8月23日。短期入所者の90歳代男性が、2回目のワクチン接種を受ける際の検温で微熱があることがわかり、PCR検査で感染が判明した。

 連絡を受けた保健所が入所者と職員にPCR検査を実施したところ、最終的に入所者21人(70~90歳代)、職員4人の感染が確認された。計25人の感染者のうち、最初に感染が判明した1回接種の1人と未接種の2人以外の22人はワクチンを2回接種していた。

 9月23日にクラスターは終結したが、終末期のケアを受けていた感染者の90歳代の女性1人が基礎疾患が原因で死亡した。残る感染者はいずれも回復している。感染源はわかっていない。

 施設では、ワクチン接種後も感染対策を継続していた。入所者の検温は1日2回実施。家族との面会は窓越しに限定し、緊急事態宣言の発令中は停止していた。施設外の人との接触を極力減らすため、職員は県外だけではなく、県内で人口が多く感染者が集中する岡山市など県南部との往来も自粛していたという。

 国立感染症研究所(東京)が8月に実施した調査では、感染予防効果は推定で1回接種した人が53%、2回接種した人が87%だった。福原文徳施設長は「ワクチンだけでは感染を防げないことを前提に対策していたが、ウイルスはわずかな隙も見逃さないと痛感した」と語った。

 施設ではクラスターの終結後、これまでの感染対策を改めて徹底するとともに、保健所の助言で、職員用に目からの感染を防ぐためのゴーグルを導入した。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2555642 0 社会 2021/11/29 07:40:00 2021/11/29 07:40:00 2021/11/29 07:40:00 クラスター発生後、感染防止策をあらためて徹底する日本原荘の職員ら(岡山県津山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)