読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

建設中の新幹線駅、レールの間を歩く…900人が見学

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来年秋に開業予定の西九州新幹線(武雄温泉―長崎間)の停車駅で、現在建設中の新大村駅を見学するイベントが28日、長崎県大村市で開かれ、市民ら約900人が参加した。

新大村駅を見学する市民ら
新大村駅を見学する市民ら

 同市や経済団体などでつくる「市新幹線アクションプラン推進協議会」が主催した。駅舎は1階が改札で、2階がホームになっている。色とりどりの海石を使い、大村地方の武家屋敷の特徴とされる「五色塀」を再現した装飾が施されるなどしている。

 参加者は、レールの間を歩いたり、駅舎の様子を写真に収めたりした。同市武部町、町内会役員の男性(79)は「大村の歴史や魅力が伝わる素晴らしい駅舎になりそう。完成が楽しみです」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2558778 0 社会 2021/11/30 10:17:00 2021/11/30 10:46:52 2021/11/30 10:46:52 新大村駅を見学する市民ら(28日、大村市で)=中尾健撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)