読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

貨物船が出港後、2・5キロ先の防波堤に突っ込む…燃料油が流出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

防波堤に乗り上げた貨物船(29日午前、福岡市の博多港で)=(C)NNN
防波堤に乗り上げた貨物船(29日午前、福岡市の博多港で)=(C)NNN

 福岡市の博多港で28日深夜、パナマ船籍の貨物船「LADY ROSEMARY(レディー ローズマリー)」(全長143メートル、9576トン)が防波堤に衝突し、乗り上げる事故があった。乗組員22人にけがはなかった。

 福岡海上保安部によると、神戸港に向けて出港後、約2・5キロ先の防波堤に突っ込んだ。事故時は晴れて波もなかった。燃料油が流出したため、海保はオイルフェンスを設置するとともに、日本人の男性船長(70歳代)らから事情を聞いている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2557578 0 社会 2021/11/29 20:17:00 2021/11/29 22:04:02 2021/11/29 22:04:02 防波堤に乗り上げた貨物船=(C)NNN https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)