読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

上司「修習生以下だ」、ノートに「たえられません」と記し29歳検事自殺…遺族が公務災害申請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2019年12月に自殺した広島地検の男性検事(当時29歳)の遺族が29日、「自殺は長時間労働と上司のパワーハラスメントが原因」として、民間の労災にあたる「公務災害」の認定を広島地検に申請した。

 男性の地検公判部時代の元同僚で代理人を務める橋詰悠佑弁護士によると、男性は18年4月に同部に配属。19年12月10日、広島市の自宅で死亡しているのが見つかった。部屋に「もうたえられません」と記されたノートが残されていた。

 橋詰弁護士は、地検が遺族側に開示した勤務記録などから、男性の時間外労働は月平均80時間以上だったと指摘。厚生労働省は、脳や心臓の病気で過労死として認められる目安を「発症2~6か月前に平均80時間」などとしている。

 橋詰弁護士によると、男性は長時間労働に加え、上司から「こんなもん(司法)修習生以下だ」と机をたたきながらどなられ、精神的に追い込まれた。死亡する約1週間前には、知人に「検事になったの間違ったかな」「色々疲れた」などとSNSでメッセージを送っていたという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2557593 0 社会 2021/11/29 20:29:00 2021/11/30 10:44:10 2021/11/30 10:44:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)