オミクロン株感染はナミビア人外交官…2回接種済み・旅客機同乗の70人全員「濃厚接触者」に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと発表した。アフリカのナミビアから入国した男性で、発熱があり、現在入院している。これを受け、政府は水際対策や国内での感染防止策をさらに強化する。同日には全世界からの外国人の新規入国の原則停止を始めており、今後、例外的に入国が許される「特段の事情」の判断も厳格化する。

関係閣僚会議後に記者団の質問に答える後藤厚労相(30日午後6時33分、首相官邸で)=源幸正倫撮影
関係閣僚会議後に記者団の質問に答える後藤厚労相(30日午後6時33分、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 政府によると男性は30歳代のナミビア人の外交官。28日に入国した際、成田空港の検疫で陽性となり、国立感染症研究所で全遺伝情報(ゲノム)解析を行ったところ、30日にオミクロン株への感染が判明した。男性は米モデルナ製ワクチンを2回接種していた。

 男性の航空便には70人が同乗していたが、男性のほかに陽性者は見つかっていないという。政府は70人全員を「濃厚接触者」として、自宅などで14日間の待機を求める。2日ごとのウイルス検査や、待機を守っているかどうか行動確認を実施する。協力しない場合は実名公表も検討する。

 政府は30日、国内初感染を受け、関係閣僚会議を開いた。岸田首相は70人の健康管理や検査の徹底、水際対策の強化を指示した。会議では、オミクロン株への対応を検討するため、松野官房長官をトップとする関係省庁担当者による作業チームの設置を決めた。

 水際対策については、政府は今年1月以降、外国人の新規入国を原則禁止してきたが、「特段の事情」がある場合は例外的に入国を認めてきた。具体的には▽日本人・永住者の配偶者や子ども▽「外交」など特定の在留資格を持つ人▽人道上、配慮すべき事情や公益性がある場合――などだ。

 このうち、「公益性」などの判断は、関係省庁に委ねられている。政府は「海外音楽家の日本公演も含まれる」と説明してきており、範囲が広すぎるとの批判があったことから厳格化することとした。例外的な入国を許された外国人は東京五輪が開催された7月は4万7126人に及び、9月は6919人、10月は1万999人だった。

 また、政府は、オミクロン株の感染者を特定するため、ゲノム解析態勢の強化を図る。厚生労働省は入国後14日以内に陽性と判定された場合、滞在国にかかわらず、速やかなゲノム解析を徹底するよう都道府県などに要請した。同省は、オミクロン株を検出できるPCR検査の実施に向けた準備も進めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2560383 0 社会 2021/11/30 21:08:00 2021/12/01 01:11:33 2021/12/01 01:11:33 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が国内で初めて確認され、関係閣僚会議後に記者団の質問に答える後藤厚生労働相(30日午後6時33分、国会内で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211130-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)