読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

准看護師「後で返せば分からない」、入院患者の口座から現金引き出す…患者死去後も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警山手署は30日、横浜市戸塚区の准看護師(55)を窃盗容疑で逮捕した。発表では4月21日~6月24日、勤務先の病院に入院していた80歳代の男性患者のキャッシュカードを不正に使い、コンビニ店2店舗のATMで計5回にわたって計56万7000円を引き出し、盗んだ疑い。「生活費にした。コロナで一般の面会が禁止されていたので、後で返せば分からないだろうと思った」と供述している。

神奈川県警
神奈川県警

 山手署幹部によると、准看護師は、男性がカードに貼り付けていたメモ書きで暗証番号を知り、6月中旬に男性が亡くなった後も現金を引き出していたという。山手署は7月、男性のめいから「誰かが勝手にお金を引き出している」と相談を受け、捜査していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2561792 0 社会 2021/12/01 10:55:00 2021/12/01 12:11:41 2021/12/01 12:11:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211130-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)