当直勤務中にPC遠隔操作、消防士が試験問題を不正取得…同僚に見せて発覚

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 前橋市は30日、市消防局南消防署の男性消防士(25)を停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。

前橋市役所
前橋市役所

 市消防局総務課によると、消防士は10月8日午後11時5分頃、当直勤務中に自分のパソコンから、別の所在地にある警防課装備係長のパソコンを遠隔操作し、緊急用車両を運転するための筆記試験問題を不正に取得した。

 消防士が同僚に印刷した問題を見せたことで発覚。同月19日の試験は問題を作り直して行われた。市は監督責任を問い、南消防署長など4人を訓告処分とした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562297 0 社会 2021/12/01 14:02:00 2021/12/01 14:20:02 2021/12/01 14:20:02 前橋市役所。群馬県前橋市で。2020年11月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211130-OYT1I50168-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)