「地面師」2人6・5億円詐欺…容疑で逮捕へ 一等地売買偽る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・富ヶ谷の高級宅地の地主になりすまし、土地売買代金名目で約6億5000万円をだまし取ったとして、警視庁は職業不詳の福田尚人(60)、会社役員の山口芳仁(54)両受刑者を詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。警視庁は、都心の遊休地を狙う「地面師」グループの一員とみている。

 捜査関係者によると、2人は2015年9月、東京都渋谷区富ヶ谷に土地約480平方メートルを所有する高齢男性になりすまし、この土地を売ると偽って、都内の不動産会社から土地代名目で約6億5000万円をだまし取った疑いがある。

 警視庁は、福田受刑者が計画し、仲間の高齢の男(その後死亡)が地主、山口受刑者が付き添い人になりすましたとみている。不動産会社との商談は弁護士事務所で行われ、地主の偽の旅券を示すなどして信用させていた。

 土地は東京メトロ代々木公園駅から南に約150メートルの高級住宅街にある更地で、地主は台湾に住んでいた。連絡が取りづらい高齢者が所有する遊休地が狙われた可能性があるという。

 不動産会社側が所有権移転登記をしようとした際、地主の印鑑証明書が偽造されていることに東京法務局職員が気づき、発覚した。

 福田受刑者は杉並区の駐車場を巡る地面師事件で15年に詐欺容疑などで逮捕され、翌年に懲役6年の実刑判決を受けた。山口受刑者も目黒区の土地を巡る同様の事件で詐欺罪などに問われ、昨年11月に懲役3年6月の実刑判決を受けていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2561122 0 社会 2021/12/01 05:00:00 2021/12/01 02:06:50 2021/12/01 02:06:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)