「一日署長になりたい」フリーアナ斉藤百香さん、夢かなう

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 12月から年末年始の特別警戒などが始まるのを前に、埼玉県警大宮署は11月30日、フリーアナウンサーの新井恵理那さん(31)を一日署長に任命した。

オープンカーから署員に敬礼する斉藤さん(川越署で)
オープンカーから署員に敬礼する斉藤さん(川越署で)

 さいたま市大宮区で行われた出発式には町田孝良区長ら約130人が参加。新井さんは署員に対し、「警察署の皆さんが安全で安心な大宮の街をつくっている。体調管理をしっかりして仕事に臨んでほしい」と激励した。富岡洋署長は「犯罪や事故が増えていくこの時期に署員は総力を結集し、市民の安全確保に努めてもらいたい」と訓示した。

大宮署員を激励する新井さん(さいたま新都心バスターミナルで)
大宮署員を激励する新井さん(さいたま新都心バスターミナルで)

 川越署は30日、フリーアナウンサーの斉藤百香さん(29)に一日署長を委嘱した。10月から同署の「特殊詐欺撲滅隊長」も務めている斉藤さんはこの日、川越駅前の商店街で交通安全や薬物乱用防止などを呼びかける啓発品を通行者に配った。

 斉藤さんは出演するラジオ番組やツイッターで「一日警察署長になりたい」と公言している。この日の活動後、「様々な方々の協力で夢が実現した。警察官のりりしい姿を見て、本当に素晴らしい仕事だと思った」と目を輝かせていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2561942 0 社会 2021/12/01 11:48:00 2021/12/01 11:48:00 2021/12/01 11:48:00 オープンカーから署員に敬礼する斉藤さん(11月30日午後1時48分、川越署で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)