読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

人気者「みきゃん」10歳、地元PRへ「きゃんばるけん」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛媛県のキャラクター「みきゃん」は11月、誕生から10年を迎えた。「ご当地キャラ」ブームの中で知名度を高めて全国でも屈指の人気を誇り、関連商品の売り上げは累計で537億円に上る。今後も愛媛のPRに向けて、「きゃんばる(頑張る)けん」と活躍を誓う。(栢野ななせ)

5000人お祝い

生誕10周年イベントで祝福されるみきゃん(11月14日、松山市で)
生誕10周年イベントで祝福されるみきゃん(11月14日、松山市で)

 松山市のえひめこどもの城芝生広場で11月14日、親子連れら約5000人が舞台に熱い視線を送った。生誕10周年イベントで、みきゃんが踊りやゲームで愛らしいしぐさを見せるたびに会場は大いに沸いた。

 みきゃんは、県がデザインや名前を公募し、2011年11月11日(ワンワンワンワンの日)に誕生した。「~けん」という方言などにちなんで犬をベースとし、全身は特産ミカンのオレンジ色。ハート形の鼻とミカンの花が付いたしっぽがチャームポイントという。

 夫や息子3人と手作りのみきゃん柄ニット帽を着用して臨んだ松山市の女性(36)は「かわいい見た目に癒やされ、一生懸命に動く姿に元気をもらえる。これからも熱烈ファンでいます」と笑顔を見せた。

ゆるキャラGP2位

 生誕した11年には「ゆるキャラグランプリ」が始まり、全国の自治体が地域活性化に生かそうと、ご当地キャラをつくり、こぞってエントリーした。

 みきゃんも13年に初出場して11位に入ると、翌14年は3位になった。最後の出場となった15年は「てっぺん!」と記したはちまきを頭に巻き、戦略的なPRを展開。竹馬や海への飛び込みに挑む動画を公開し、敵キャラ「ダークみきゃん」も登場させた。出場した1727体中、結果は惜しくも2位だったが、全国的な人気を不動のものとした。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562590 0 社会 2021/12/01 15:42:00 2021/12/01 15:42:00 2021/12/01 15:42:00 親子連れらからの歓声を受けるみきゃん(11月14日、松山市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)