渋谷の土地所有者になりすまして…6・5億円詐取容疑、「地面師」2人逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 土地の売買代金名目で現金を詐取したとして、警視庁は1日、職業不詳の福田尚人(60)、会社役員の山口芳仁(54)両容疑者を詐欺と偽造有印公文書行使容疑で逮捕した。2人は別の同様の事件で実刑判決を受けて受刑中だった。警視庁は、地主になりすまして資金を詐取する「地面師」グループとみている。

警視庁
警視庁

 発表によると、2人は仲間と共謀して2015年9月、東京都渋谷区富ヶ谷の土地約480平方メートルを所有する高齢男性になりすまし、偽の印鑑証明書を示すなどして都内の不動産会社から土地代名目で約6億5000万円をだまし取った疑い。

 詐取金のうち福田容疑者が約1億円、山口容疑者が約7000万円を受け取ったが、残りの大部分は行方がわからず、警視庁が捜査している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562181 0 社会 2021/12/01 13:35:00 2021/12/01 13:35:00 2021/12/01 13:35:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)