読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県議から「2千万、3千万しぶったら人生終わるよ」と言われた…自民・泉田氏

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10月の衆院選を巡り、「裏金」を要求されたとツイッターに書き込んだ自民党衆院議員の泉田裕彦氏(59)(比例北陸信越)が1日、東京都内で記者会見し、現金を要求したのは同党新潟県議の星野伊佐夫氏(82)だと明かした。泉田氏は「選挙区民の買収費用(の要求)と認識した」と主張し、近く県連に星野氏の除名を求める文書を提出する考えを示した。一方、星野氏は金銭の要求について「全くない」と否定した。

「裏金」を要求されたとする問題について説明する泉田氏(1日、東京都千代田区の衆院第2議員会館で)
「裏金」を要求されたとする問題について説明する泉田氏(1日、東京都千代田区の衆院第2議員会館で)

 星野氏は当選12回。県会議長や党県連会長を歴任した「県政界の重鎮」として知られる。

 泉田氏によると、9月4日午前、星野氏の自宅に呼ばれ、衆院選新潟5区の世論調査結果を示されて、「勝とうや。比例に引っかからなかったら終わりだよ」「2000万、3000万をしぶったら人生終わるよ」などと言われたという。親指と人さし指で円を作るポーズをした星野氏からその後、「(現金を) け、撒けと言われた」と説明した。

 「この話は秘書の耳にも入れてはいけない」などと言われたことから、泉田氏は買収だと受け止めたという。星野氏との約30分のやり取りを録音した音声を公表する考えも示した。

 泉田氏は「お金で票を買う行為は民主主義の根幹をねじ曲げる」と繰り返し強調。2004~16年に新潟県知事を務めており、「(星野氏には)初めての知事選からお世話になっている。残念でならない」と語った。

 一方、星野氏はこの日、報道陣の取材に「(金銭の要求は)全くない。全部うそだ」などと全面的に否定した。泉田氏との関係については「離別になるだろう。知事時代から仲間だったんだけどね」と語った。

 泉田氏は会見で、党県連会長の高鳥修一衆院議員(比例北陸信越)に今回の件を相談したものの、先週末に「県連としては対応しない」と言われ、ツイッターで公表したと明かした。

 県連幹事長の小野峯生県議は取材に「泉田氏から何も話は聞いていない。(事実関係の確認は)文書をもらってからになる」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2563175 0 社会 2021/12/01 20:49:00 2021/12/02 06:25:35 2021/12/02 06:25:35 記者会見で、裏金要求問題を説明する泉田氏(1日午後1時18分、東京都内で)=佐賀秀玄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50137-T-e1638393931211.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)