民家全焼、焼け跡から3人の遺体…三重・鈴鹿

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2日午前4時20分頃、三重県鈴鹿市稲生町の民家から火が出ていると、近くの住民から119番があった。火は約3時間後に消し止められたが、木造平屋住宅が全焼し、焼け跡から3人の遺体が見つかった。この家に住む90歳代の夫と80歳代の妻、40歳代の息子と連絡が取れなくなっていることから、三重県警鈴鹿署は、見つかったのはこの3人の遺体とみて、身元の確認を進めている。

火災で3人が死亡した現場(午前9時12分、三重県鈴鹿市稲生町で)=南条哲治撮影
火災で3人が死亡した現場(午前9時12分、三重県鈴鹿市稲生町で)=南条哲治撮影

 現場は、伊勢鉄道「鈴鹿サーキット稲生駅」から北に約300メートルの住宅街。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2564125 0 社会 2021/12/02 08:29:00 2021/12/02 11:47:32 2021/12/02 11:47:32 火災で3人が死亡した民家(左)(午前9時12分、鈴鹿市稲生町で)=南条哲治撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)