泥酔男性が駅で転倒・20代女性トイレで動けず…自粛明けで「深酒」、救急搬送が急増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が埼玉県内で解除され、飲食店での酒類提供が可能となった10月以降、急性アルコール中毒で救急搬送される人が急増している。搬送者数(速報値)は10月が112人と、9月の2倍近くに上った。

 県消防課によると、今年1~11月に急性アルコール中毒で搬送された人は計975人。県内に緊急事態宣言が発令されていた1~3月と8~9月の搬送者数は比較的少なく、9月は60人だった。しかし、自粛期間が明けた10月は搬送者が急増し、11月も127人とさらに増加した。

 急性アルコール中毒は、短時間に多量の酒を飲んで血中アルコール濃度が急上昇し、アルコールが脳に作用する症状。吐き気や記憶障害が一般的だが、 嘔吐おうと 物をのどに詰まらせたり、脳にまひが広がったりして死に至る恐れもある。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2566831 0 社会 2021/12/03 09:04:00 2021/12/03 09:04:00 2021/12/03 09:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)