泥酔男性が駅で転倒・20代女性トイレで動けず…自粛明けで「深酒」、救急搬送が急増

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 さいたま市消防局によると、同市では11月、泥酔していた70歳代の男性が駅のエスカレーターで転倒し搬送されたほか、20歳代の女性が駅のトイレで動けなくなり搬送されたケースもあった。

「空気カーテン」、飛沫拡散を軽減…アクリル板代わり、新興企業開発

 県消防課の担当者は「久しぶりにお酒を飲む人が多いと思う。自分を過信せずに楽しんでほしい」と呼びかけている。

 飲食店にとって、旺盛な酒類消費は歓迎だが、経営者らの思いは複雑だ。

 「普段はお酒が強い人でも、酔うのが早い気がする」と言うのは、熊谷市内のバー経営者(51)。店では「久しぶりのお酒だから無理せずゆっくり」などと声をかけたり、水を頻繁に出したりしているという。忘年会シーズンを前に、「酒を売る商売だから飲むなというわけにもいかない。お客の健康に気を配りながら営業したい」と話した。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2566831 0 社会 2021/12/03 09:04:00 2021/12/03 09:04:00 2021/12/03 09:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)