こちらの双子は元気に7歳…氷で作った「桜」と「桃」プレゼント

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県白浜町のテーマパーク「アドベンチャーワールド(AW)」のジャイアントパンダの雌の双子「 桜浜オウヒン 」と「 桃浜トウヒン 」が2日、7歳の誕生日を迎えた。同園は2頭に氷で作ったプレゼントを贈った。

妹の桃浜
妹の桃浜

 ガラスで仕切られた屋内運動場に、それぞれ年齢の「7」と、名前にちなんで姉の桜浜に桜、妹の桃浜には桃の花をかたどった氷が置かれた。マイペースな桜浜は動き回って氷にあまり関心を示さなかったが、桃浜はすぐに気付いてなめたりかじったりし、竹の葉を口にしていた。

姉の桜浜
姉の桜浜

 2頭は2014年12月2日、父親「 永明エイメイ 」と母「 良浜ラウヒン 」の間に生まれた。朝起きて竹の葉を食べては眠り、起きては食べる生活で誕生時に約180グラムだった体重は桜浜が104キロ、桃浜は107キロを超えた。

 人間で言えば、21歳ぐらいの年齢で、飼育スタッフの中谷有伽さん(26)は「大きなけがもなく成長してくれたことを、素直に喜びたい。名前のように心の和らぐ大家族になってほしい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2568045 0 社会 2021/12/03 17:35:00 2021/12/03 17:35:00 2021/12/03 17:35:00 妹の桃浜(白浜町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211203-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)