先月のコロナ感染者、10歳以下が過半数…県まとめ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県は、11月に県内で新型コロナウイルスへの感染が明らかになった52人のうち、10歳代以下の子どもが過半数の27人に上ったと発表した。就学前施設でクラスター(感染集団)が発生したことに加え、12歳未満がワクチン接種の対象外であるためとみている。

体育の授業「屋内外ともマスク不要」…文科省が教育委員会に周知へ
山口県庁
山口県庁

 県健康増進課によると、52人の内訳は、10歳未満が23人、10歳代が4人、20、30歳代が計9人、40、50歳代が計10人、60歳代以上が6人だった。

 10歳代以下の27人のうち、11人は山陽小野田市で発生した就学前施設クラスター関連だった。ほかにも家族内、きょうだい間の感染などで、ワクチン接種対象外の子どもへの感染が拡大した。

 11月12日以降、1日あたりの新規感染者は0~3人となっているが、県は新たな変異株「オミクロン株」に警戒を強めており、手洗いやマスクの着用、部屋の換気など感染防止対策の徹底を呼びかけている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2571566 0 社会 2021/12/05 10:56:00 2021/12/05 10:56:00 2021/12/05 10:56:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211203-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)