「盗撮のカリスマ」ら3人、望遠レンズで露天風呂のぞく…100m超離れて撮影・動画を売買

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 組織的に露天風呂を盗撮したとして、静岡県警は3日、茨城県行方市、無職の男(49)、鹿児島県鹿屋市、同県職員の男(40)、岡山市北区、無職の男(32)の3容疑者を兵庫県迷惑防止条例違反容疑で逮捕したと発表した。

押収された迷彩柄のカムフラージュネットなど(3日、藤枝署で)
押収された迷彩柄のカムフラージュネットなど(3日、藤枝署で)

 発表によると、3人は共謀して9月下旬頃、兵庫県内で露天風呂に入浴中の女性を望遠レンズ付きのビデオカメラで盗撮した疑い。認否は明らかにしていない。茨城県の男は、インターネット上などで「盗撮のカリスマ」として知られ、盗撮グループのリーダーを務めていたという。

静岡県警察本部
静岡県警察本部

 岡山市の男が10月、静岡県藤枝市内の駐車場で職務質問を受けた際、車内にあったのこぎりについて、「盗撮に邪魔な木を切っていた」と説明。所持していたビデオカメラから盗撮とみられる動画が見つかり、県警が捜査していた。

 動画は100メートル以上離れて撮影されたものもあり、仲間同士で売買していたという。県警は他にもグループのメンバーがおり、全国で盗撮を繰り返していたとみて調べている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2567099 0 社会 2021/12/03 11:37:00 2021/12/05 08:43:02 2021/12/05 08:43:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211205-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)