ファミマ店長の女性ら、詐欺を次々見抜く…秘訣は何げない「雑談」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 わずか1か月半の間に、兵庫県内のコンビニエンスストアが相次いで3件の特殊詐欺被害を防ぎ、兵庫県警伊丹署から感謝状を贈られた。 秘訣ひけつ は、普段から心掛けている客とのコミュニケーション。今回も何げない雑談を通じ、電子マネーを購入しようとした高齢者たちの気持ちを店員がほぐすなどしており、署は「これほど短期間に続けて詐欺を防いでくれるとは」とたたえた。(礒永博)

 この店は伊丹市内のファミリーマート。発表などでは8月31日と9月6日、10月14日に来店した別々の高齢男性を救った。

 いずれも電子マネーの購入を望んだが、初めてなのか不慣れな様子だった。

 店員らは雑談をしながら理由を確認。「1億円が当選し、受け取りには手数料が必要とショートメールが届いた」「パソコン画面にウイルス感染と表示され、駆除に8万円かかると言われた」――などと説明を受け、詐欺と直感した。

 この店では店長の女性(52)も率先して、主に若者向けの商品を高齢者が買おうとする際は「お孫さんに頼まれましたか」などとそれとなく理由を聞いているという。今回の3件も、そうした普段の意識付けが功を奏したという。

 署によると、コンビニが被害防止の「 とりで 」となることは多いが、何度も続くのは異例という。野口岳志署長は「皆さんが防犯力を積み重ねた成果。とても心強い」と感謝した。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2569210 0 社会 2021/12/04 06:30:00 2021/12/04 06:30:00 2021/12/04 06:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211204-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)