5歳児が魚図鑑のミス発見、出版社が修正へ…他社と比べ「なんで分類違うの?」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 喜秀ちゃんは自宅近くに移動図書館車が来ると、生物の本などを一度に20冊借りるほどの本好き。両親や祖父母から図鑑をプレゼントされると、ボロボロになるまで読み込む。大人も知らないような生物の名前を暗記し、食卓に魚が並ぶと、分類まで説明する。「もっと生物の勉強をして将来は宇宙飛行士になりたい」と夢を語る。

 北海道大の今村央教授(魚類体系学)によると、形態的特徴から従来のカサゴ目はスズキ目の中に入るとする説があり、多くの国内研究機関が利用している書籍「日本産魚類検索」でもその考えが採用されている。一方で、別の解釈からカサゴ目を認めている研究者や書籍もあるという。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2569653 0 社会 2021/12/04 12:21:00 2021/12/04 22:00:52 2021/12/04 22:00:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211204-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)