町会議長「肺炎で公務遂行できない」と辞職願出したが…3度とも認められず死去

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県野辺地町議会(定数12)の熊谷晴雄議長(79)が4日、死去した。

野辺地町役場
野辺地町役場

 熊谷氏は今年、「特発性間質性肺炎を患い、公務を遂行できない」などとして、計3回も議長辞職願を提出していた。だが、町議会は町長派と反町長派が同数で、採決に加われない議長職を両派とも敬遠したためか、2、5月の臨時会、6月定例会の3回とも不許可としていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2571515 0 社会 2021/12/05 09:22:00 2021/12/05 12:39:42 2021/12/05 12:39:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211204-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)