葉ボタンびっしり5万鉢、白・紫・ピンクのしま模様

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 正月飾りに使われる葉ボタンの出荷作業が各地で進んでいる。

出荷を前にきれいに並べられたミニサイズの葉ボタン(東京都足立区で)=菅野靖撮影
出荷を前にきれいに並べられたミニサイズの葉ボタン(東京都足立区で)=菅野靖撮影

 東京都足立区の園芸農家の並木一重さん(70)方では、直径13センチほどのミニサイズの葉ボタン約5万鉢を栽培。約2000平方メートルの敷地内に色づいた葉が白や紫、ピンクなどの鮮やかな しま 模様を描いている。

 年末まで関東地方の生花店やホームセンター向けに出荷が続く。家族4人で作業にあたる並木さんは「コロナ禍が続くが、明るいお正月を迎えてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2574232 0 社会 2021/12/06 13:03:00 2021/12/06 13:03:00 2021/12/06 13:03:00 出荷を前にきれいに並べられたミニサイズの葉ボタン(4日、東京都足立区で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211206-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)