オミクロン株、国内3例目の感染確認…イタリア・ドイツ経由で入国の日本人男性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 厚生労働省は6日、イタリアに滞在歴があり、1日に羽田空港の検疫で陽性と判明した30歳代男性が、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していたと発表した。国内3例目で、男性は日本人。厚労省は男性と同じ航空機の乗客41人を濃厚接触者と認定し、自治体を通じ宿泊施設への入所を求めている。

 発表によると、男性は8月、米モデルナ製ワクチンの2回接種を終えていた。ローマからドイツ・フランクフルト経由で入国。空港検疫で陽性判明後、全遺伝情報(ゲノム)解析でオミクロン株への感染が確認され、無症状だが入院した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2574683 0 社会 2021/12/06 15:46:00 2021/12/06 23:41:01 2021/12/06 23:41:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211206-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)