東京都が「同性パートナーシップ制度」導入へ…知事「全ての都民を個人として尊重」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都の小池百合子知事は7日、都議会の代表質問で、同性カップルらを夫婦と同様に扱う「同性パートナーシップ制度」を来年度に導入する方針を明らかにした。

小池都知事
小池都知事

 都によると、同様の制度は、都道府県レベルでは大阪府や茨城県など5自治体が導入。都は、都営住宅への入居のほか、都立病院での面会や手術の同意などに際し、同性カップルが夫婦と同じような待遇を受けられる仕組みを検討する。

 小池知事は「性的マイノリティーの方をはじめとする全ての都民が個人として尊重されることは重要だ」と述べ、有識者の意見を聞きながら、制度設計を急ぐ考えを示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2578585 0 社会 2021/12/07 20:47:00 2021/12/07 20:47:00 2021/12/07 20:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211207-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)