JR山手線・京浜東北線で25年頃から有人の自動運転…30年頃ワンマン運転に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本は7日、2025年頃から山手線と京浜東北・根岸線で順次、有人の自動運転を行うと発表した。今年3月から常磐線の各駅停車(綾瀬―取手間)で実施しており、計3路線に広げる。

JR東日本
JR東日本

 有人の自動運転は、運転士が駅を発車する際にボタンを押すと、自動列車運転装置(ATO)により走行し、次の駅に自動で停車する仕組み。現在は運転士と車掌が搭乗しているが、3路線とも30年頃までに運転士のみが搭乗するワンマン運転に切り替えるという。

 また山手線と京浜東北線では、31年頃までに乗務員が運転に関与しない無線による列車制御システムを導入することを目指す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2579191 0 社会 2021/12/08 00:18:00 2021/12/08 00:18:00 2021/12/08 00:18:00 JR東日本。東京・新宿で。2021年9月5日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211207-OYT1I50128-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)