インターホンの死角から呼び鈴、不在確認して空き巣102件…侵入後は録画映像削除

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターホンのカメラに映らないように手を伸ばして呼び鈴を押し、住人の不在を確認する手口で空き巣を繰り返したとして、兵庫県警は7日、明石市西明石南町、建設作業員の男(33)を窃盗などの容疑で逮捕したと発表した。県警は、2018年12月~今年6月の県内と大阪府内の被害計102件(総額約4560万円相当)を裏付け、捜査を終えた。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 発表では、男は19年4月6日、姫路市の高齢男性方に無施錠の窓から侵入し、金庫にあった約800万円を盗むなどした疑い。容疑を認めているという。男は、自身の姿が映らないようにインターホンのカメラの死角から手を伸ばして呼び鈴を押し、住人の反応がなければ侵入。金庫を破壊するなどして現金を盗んでいたという。侵入後には、インターホンの録画映像を確認して削除していたという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2579476 0 社会 2021/12/08 05:00:00 2021/12/08 08:30:01 2021/12/08 08:30:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211207-OYT1I50174-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)