注射筒で空気注入された男性死亡…逮捕の女、事件当日に施設を自主退職

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高齢者施設の入所者の体内に空気を注入し殺害したとして、茨城県警は8日、施設の元職員で無職赤間恵美容疑者(35)(茨城県古河市大和田)を殺人の疑いで逮捕した。

 発表によると、赤間容疑者は2020年7月6日午後0時半頃、同県古河市 仁連にれい の介護老人保健施設「けやきの いえ 」で、入所者の無職吉田節次さん(当時76歳)の脚につながれた点滴のチューブに注射筒(シリンジ)をつないで空気を注入し、空気 塞栓そくせん 症による急性循環不全で死亡させた疑い。県警は認否を明らかにしていない。

 吉田さんは寝たきりの状態ではなかった。救急隊員が駆けつけた時には心肺停止の状態だった。

 赤間容疑者は同年4月下旬頃から、介護職員として勤務。事件当日に自主退職した。赤間容疑者が不審な動きをしていたという情報が県警に寄せられていた。

茨城県警察本部
茨城県警察本部

 県警によると、施設では看護師が点滴を行うことになっており、本来なら、赤間容疑者がシリンジを扱うことはないという。吉田さんとのトラブルなどは、現時点で確認されていない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2581039 0 社会 2021/12/08 17:58:00 2021/12/09 09:23:51 2021/12/09 09:23:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211208-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)