千葉・館山に漂着の軽石、沖縄に漂着したものと鉱物が類似

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小笠原諸島付近の海底火山から噴出した軽石が沖縄県などで確認されている問題で、千葉県館山市に漂着した軽石に含まれる鉱物などの特徴が、沖縄に漂着したものと類似していることが千葉県の調査で分かった。

 県によると、同市の富崎漁港で11月に採取した軽石の鉱物を調べたところ、沖縄県糸満市で採取された軽石に含まれているかんらん石や火山ガラスなどが確認されたという。

 千葉県では軽石の大量漂着に備え、オイルフェンスの設置準備を進めている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2581235 0 社会 2021/12/08 18:54:00 2021/12/08 18:54:00 2021/12/08 18:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)