読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

女児襲撃の少年「人を殺してみたかった」「力の弱い幼い女の子狙った」と供述

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 群馬県大泉町で下校中の女子児童が刃物を持った少年(17)に襲われた事件で、銃刀法違反容疑で大泉署に現行犯逮捕された少年が「人を殺してみたかった。残酷なことをしたかった」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。同署は8日、少年を殺人未遂容疑で再逮捕した。

群馬県警察本部
群馬県警察本部

 県警によると、少年は邑楽郡内に住む高校生で、7日午後4時頃、同町 古氷ふるこおり の町道で小学4年生の女児(10)に覆いかぶさり、文化包丁(刃渡り約18・5センチ)で刺し殺そうとした疑い。調べに対し「力の弱い、幼い女の子を狙った」と話して容疑を認めている。

 同署は目撃者の証言から、少年は女児を背後から突然襲い、女児がしゃがみ込んだところを抱きつくように覆いかぶさって胸や顔に包丁を向けたとみている。包丁は自宅から持ってきたとみられるという。女児と面識はなかった。女児と一緒に下校していた同級生の女児が、防犯ブザーを鳴らしながら近隣宅のインターホンを押して助けを求め、通行人の男性4人らが引き離した。

 取り押さえた男性の一人は、「助けて」という女性の叫び声を聞いて現場に向かったといい、「あおむけに倒れた女児の上から少年が襲っていた。とにかく助けようと必死だった」と振り返った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2582641 0 社会 2021/12/09 10:17:00 2021/12/09 11:01:41 2021/12/09 11:01:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211209-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)