いまさら島出られない・山の崖が崩れた…悪石島「震度5強」、住民に恐怖と不安

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鹿児島県・トカラ列島近海を震源とする激しい揺れが島々を襲った。9日午前、同県十島村・悪石島で震度5強を観測するなどした地震。周辺では今月4日以降、震度1~4の地震が200回以上、断続的に発生しており、各島の住民からは「いつまで揺れが続くのか」と不安の声が上がった。

トカラ列島の悪石島(2013年5月2日、鹿児島県十島村で、読売ヘリから)=大野博昭撮影
トカラ列島の悪石島(2013年5月2日、鹿児島県十島村で、読売ヘリから)=大野博昭撮影

 悪石島で民宿を営む男性(69)は、海岸近くのバナナ畑に立ち寄ったところ、大きな揺れに見舞われた。「立っていることができずに、しゃがみこんだ。雷のようなゴロゴロという音が聞こえ、山の崖が崩れ、砂ぼこりが舞うのが見えた」と話す。

 自宅にいた妻(76)から電話があり、互いの無事を確認。すぐに悪石島小中学校のグラウンドに避難した。2人とも無事だったという。

 同小中学校によると、発生当時に登校していた児童・生徒8人は、全員グラウンドに避難。欠席していた1人も地震を受けてグラウンドに避難しているという。芝原寛教頭は「学校の被害状況は現在確認中。今までで一番大きな揺れだったが、皆落ち着いて行動し、混乱はなかった」と話した。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2583234 0 社会 2021/12/09 13:29:00 2021/12/11 13:00:42 2021/12/11 13:00:42 悪石島(鹿児島県十島村で、本社ヘリから)2013年5月2日、大野博昭撮影 =取り扱い注意= https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211209-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)