渡りきる直前で遮断機にシニアカー引っかかり転倒、電車と接触し男性死亡…検知装置なし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 9日午後4時頃、大阪府東大阪市客坊町の近鉄奈良線瓢箪山―枚岡駅間にある瓢箪山第2号踏切(警報機、遮断機付き)で、ハンドル付きの電動車いす(シニアカー)に乗っていた高齢男性が大阪難波発近鉄奈良行き普通電車(6両)と接触した。男性は病院に搬送されたが、間もなく死亡した。電車の乗客約200人にけがはなかった。

大阪府警察本部
大阪府警察本部

 府警枚岡署の発表では、男性はシニアカーで踏切を東から西に向かって渡っていたところ、途中で遮断機が下り、渡りきる直前で遮断機に引っかかってシニアカーごと転倒。その後、電車と接触したとみられる。同署は近くに住む男性とみて身元の確認を進めるとともに、詳しい事故の状況を調べている。

 近鉄によると、踏切は道幅が約2・2メートルで、自動車は通行できない。立ち往生する車いすなどに反応し、運転士に知らせる障害物検知装置は設置されていなかった。

 この事故の影響で、同線は瓢箪山―石切駅間の上下線で一部運転を見合わせたが、いずれも同日午後5時に再開した。

 独立行政法人・製品評価技術基盤機構によると、走行中に路肩から転落するなど、電動車いすの事故が2008年から20年までに142件あり、52人が死亡。踏切での事故も目立ち、今年8月には、香川県観音寺市のJR 予讃よさん 線の踏切で、シニアカーに乗った高齢女性が特急にはねられて亡くなっている。

 電動車いす安全普及協会は「踏切内で立ち往生した場合は非常ボタンを押してもらうなど、介助者や周りの人に協力を求めてほしい」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2585465 0 社会 2021/12/09 22:52:00 2021/12/10 00:56:32 2021/12/10 00:56:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211210-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)