雨よけ壊し「台風で被災」とウソ…リフォーム会社社長ら「我々は保険金請求のプロ」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警視庁は9日、リフォーム会社社長(29)(千葉県船橋市)ら男3人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。逮捕は6日。

警視庁
警視庁

 発表によると、3人は2018年10月、横浜市のマンション屋上の雨よけをわざと壊した上、台風で被災したと偽り、保険会社から災害見舞金として保険金計約320万円を詐取した疑い。社長は容疑を認めている。3人はマンションの所有者に「我々は保険金請求のプロ。どんなキズでも請求できる」とかたり、手続きを代行して保険金の半分を得ていたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2585893 0 社会 2021/12/10 06:37:00 2021/12/10 06:37:00 2021/12/10 06:37:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211209-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)