3歳女児、大型犬に顔や首を何度もかみつかれ重傷…家族が制止したが引き離せず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 9日午後4時5分頃、大分県臼杵市大泊の路上で、家族と歩いていた市内の女児(3)が雑種の大型犬に襲われ、顔や首、胸などをかまれた。女児は重傷を負って病院に搬送された。命に別条はないという。県警臼杵津久見署は、過失傷害容疑で飼い主の女性(40歳代)から事情を聞いている。

大分県警本部
大分県警本部

 発表によると、女児は祖母ときょうだい2人の計4人で買い物を終え、帰宅中だった。家族が制止したが引き離せず、犬は何度もかみついて離れたという。現場から約100メートルの家の飼い犬と分かり、戻ってきたところを確保した。体高約60センチの雌。首輪とつなぐリードが外れていたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2586065 0 社会 2021/12/10 09:44:00 2021/12/10 19:58:22 2021/12/10 19:58:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211210-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)