オミクロン株の感染者、国内で新たに8人確認…7人は2回接種済み

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は10日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が新たに8人判明したと発表した。このうち6人は入国時の空港検疫で陽性が判明し、5人は羽田空港から、1人は関西空港からの入国者だった。残る2人の感染者は、すでに感染が確認されていたナミビア人外交官の濃厚接触者と認定されていた。国内の感染者は、これで計12人となった。

新型コロナワクチン、4回目接種始まる…60歳以上と基礎疾患ある18~59歳が対象
国際線で入国した乗客に聞き取り調査をする検疫官(右)(11月27日、成田空港で)
国際線で入国した乗客に聞き取り調査をする検疫官(右)(11月27日、成田空港で)

 発表によると、8人は7日までに入国。全員が医療機関などに入っていた。

 入国時の検疫で感染が判明した6人は30~60歳代で、滞在歴は米国2人、モザンビーク1人、コンゴ民主共和国3人。コンゴの3人は同じ航空機の乗客で発熱やのどの痛みなどの症状があり、残る3人は無症状だった。厚労省は6人と同じ航空機の計4便の乗客403人全員を濃厚接触者と認定し、自治体を通じて宿泊療養施設での待機を求めている。

 残る2人は国内1例目の感染者の濃厚接触者で、ナミビア滞在歴がある10歳未満の男児と30歳代の女性。先月28日に成田空港から入国した時は陰性だったが、その後、感染が判明した。いずれも無症状という。

 8人のうち男児を除く7人はいずれも10月までに米ファイザー、モデルナ製のいずれかのワクチンを2回接種済みだった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2587309 0 社会 2021/12/10 15:52:00 2021/12/10 22:44:32 2021/12/10 22:44:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211210-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)