鑑識の警察官、火事現場の見分中に35万円盗んだ疑い…クローゼットに燃えた現金

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警察官が火事現場の実況見分中に現金を盗んだとして、千葉県警八千代署は10日、県警本部鑑識課巡査部長、 御園生みそのう 貴史容疑者(39)(八千代市上高野)を窃盗容疑で逮捕した。

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 発表によると、御園生容疑者は鎌ヶ谷署刑事課鑑識係だった昨年9月6日、鎌ヶ谷市内で起きた住宅の火事現場の実況見分中に現金35万8000円を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

 八千代署が今月6日、八千代市内の商業施設で起きた盗撮事件で御園生容疑者の自宅を捜索したところ、クローゼットからポリ袋に入った一部燃えた現金が見つかった。御園生容疑者は「出来心で持ってきてしまった」と話したという。

 県警本部監察官室の川口光浩首席監察官は「職員が逮捕されたことは極めて遺憾。捜査の結果を踏まえて厳正に対処する」とコメントを出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2588338 0 社会 2021/12/10 22:27:00 2021/12/10 22:27:00 2021/12/10 22:27:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211210-OYT1I50187-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)