消防士男女が仮眠室で性行為、発覚後に「していない」とウソ…その後も署内で行為継続

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋市消防局は10日、消防士長の男性(28)を停職4か月、消防士の女性(25)を停職3か月の懲戒処分にした。女性は同日付で依願退職した。

名古屋市役所
名古屋市役所

 発表によると、2人は昨年10月~今年3月、休憩時間や勤務時間外に中消防署の仮眠室などで、複数回にわたり性行為をした。発覚後は「みだらな行為はしていない」と虚偽報告し、上司から指導を受けた後も署内で性行為をしていた。

 昨年12月に同僚職員が行為を目撃。うわさを聞いた別の職員が今年3月、上司に報告し、調査が行われていた。

 また、市消防局は、今年5月に港区内の商業施設から買い物かご4個を盗んだとして、消防士の男性(20)を停職3か月の懲戒処分にした。男性は11月、不起訴(起訴猶予)になったという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2588921 0 社会 2021/12/11 07:41:00 2021/12/11 09:33:02 2021/12/11 09:33:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211210-OYT1I50212-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)