青森の農場で鳥インフルの疑い、簡易検査10羽陽性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青森県庁
青森県庁

 青森県は11日、同県三戸町の農場で、高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。同日までに約190羽死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、10羽で陽性が確認された。

 遺伝子検査で感染が確定すれば、全国9例目となり、県は農場の約7000羽を殺処分する。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2590559 0 社会 2021/12/11 23:12:00 2021/12/11 23:12:00 2021/12/11 23:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211211-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)