ハヤテのように現れた、昭和の町に「月光仮面」登場

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昭和30年代の町並みを再現した大分県豊後高田市の商店街「昭和の町」で、誕生20周年を記念して開催中の感謝祭に当時の人気ヒーロー「月光仮面」が12日に登場し、観光客を出迎えた。

町に登場した月光仮面(左)と地元ヒーロー「昭和仮面」
町に登場した月光仮面(左)と地元ヒーロー「昭和仮面」

 著作権を持つ「宣弘社」(東京)が今年で創業80年を迎え、昭和の町と合わせて100年になることを記念して特別出演が実現した。商店街を歩き、様々なポーズで記念撮影に応じた。

 市観光振興推進室によると、レトロブームもあって若者の来訪が増えているという。吹上幸司室長は「彼らをひき付ける町並みのデザインの変更も検討している」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2597338 0 社会 2021/12/14 22:50:00 2021/12/14 22:50:00 2021/12/14 22:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211214-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)