「朝鮮人は危険」と主張するチラシ、多くの世帯に配布…条例に基づき個人名公表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市は14日、在日韓国・朝鮮人を中傷するチラシを配布したとして、ヘイトスピーチ(憎悪表現)抑止条例に基づき、個人名を市のホームページで公表した。

大阪市役所
大阪市役所

 公表されたのは「朝鮮人のいない日本を目指す会」代表者。市によると、代表者は2018年12月29日、大阪市生野区鶴橋の住宅街で「朝鮮人は危険」などと主張するチラシを多数の世帯に配布した。

 19年に審査の申し立てがあり、市が有識者でつくる審査会の答申を踏まえ、ヘイトスピーチと認定した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2597826 0 社会 2021/12/15 06:33:00 2021/12/15 09:53:42 2021/12/15 09:53:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211214-OYT1I50187-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)