痴漢を疑われ線路を逃走、高架下に転落…日比谷線が一時運転見合わせ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 15日午前8時15分頃、東京都荒川区の東京メトロ日比谷線南千住駅で、電車内で痴漢行為を疑われた50歳代くらいの男がホームから線路におりて逃走した上、数十メートル先の高架上から、約10メートル下のJRの線路上に転落した。男は腰の骨を折ったとみられ、病院に救急搬送された。

警視庁
警視庁

 警視庁南千住署は、男の回復を待って都迷惑防止条例違反(痴漢)容疑などで調べる。この影響で日比谷線は一時運転を見合わせ、乗客約6600人に影響が出た。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2598453 0 社会 2021/12/15 12:07:00 2021/12/15 13:26:31 2021/12/15 13:26:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211215-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)