3回目はファイザー製に人気集中か…「先行予約にモデルナ製」のアイデア

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を巡り、東京都三鷹市は15日、来年2月からの集団接種で米モデルナ製を希望する65歳以上に限って、今月17日から「先行予約」を受け付けると発表した。3回目接種はモデルナ製と米ファイザー製から選べるが、副反応などを懸念してファイザー製に希望が偏る可能性があり、市は「モデルナ製の有効活用を進めるため」と説明している。

外国人観光客の受け入れ、6月10日から再開…約2年2か月ぶり
モデルナ製のワクチン=ロイター
モデルナ製のワクチン=ロイター

 モデルナ製の先行予約は来年1月20日までで、インターネットと郵送で受け付ける。接種日時は2回目からの期間を考慮して市が指定し、希望者に連絡する。

 市によると、3月までの3回目ワクチン供給はファイザー製とモデルナ製がほぼ半々になる見込みだが、市内の65歳以上の大半は過去2回はファイザー製を打っている。このため、「過去と同じファイザー製がいい」という意見や、モデルナ製の副反応を懸念する声が上がる可能性があるとみて、市はモデルナの先行予約を決めたとしている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2599887 0 社会 2021/12/15 19:26:00 2021/12/16 07:35:42 2021/12/16 07:35:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211215-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)