帰国女性と会い発熱、その後サッカー天皇杯観戦…20代男性がオミクロン株感染か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は16日、米国から帰国後、自宅待機中の20歳代女性が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染したと発表した。女性の濃厚接触者の20歳代男性のコロナ感染も判明。都は、オミクロン株に感染している可能性が高いとみている。男性は12日に川崎市でサッカーの試合を観戦しており、都などは男性の周辺の席にいた観客約80人に対し、検査や医療機関の受診を呼びかけている。

ロックダウンが続く上海、邦人2人が死亡…市当局から総領事館に連絡
成田空港に到着した国際線の乗客に聞き取り調査をする検疫官(右)
成田空港に到着した国際線の乗客に聞き取り調査をする検疫官(右)

 都によると、女性は8日、米国から航空機で成田空港に到着した。空港検疫の結果は陰性で、ハイヤーで都内の自宅に戻り、待機中の9日に発熱。10日に医療機関を受診し、13日にコロナ感染が判明した。都健康安全研究センター(健安研)の独自検査でオミクロン株の感染が疑われ、ゲノム解析を行ったところ、16日にオミクロン株感染が確認された。女性は13日から入院している。

 女性の濃厚接触者の男性は、8日と9日に女性と会い、10日に発熱やせきの症状が出た。12日に川崎市の等々力陸上競技場で行われたサッカー天皇杯準決勝を観戦。13日に女性の濃厚接触者と認定され、15日に入院した。

 健安研の独自検査では、男性もオミクロン株の感染が疑われる結果が出ており、都はゲノム解析を行い、特定を進めている。厚生労働省によると、2人は米モデルナ製の新型コロナワクチンを2回接種済みだった。

 厚労省は、女性の帰国便に同乗の客26人を濃厚接触者とし、居住自治体などを通じて健康観察を行っている。一方、都は男性の濃厚接触者に、一緒にサッカーを観戦した家族3人と職場の同僚7人の計10人を認定した。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2603568 0 社会 2021/12/16 22:56:00 2021/12/18 21:03:42 2021/12/18 21:03:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211216-OYT1I50167-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)