大阪のビル火災死者は24人に…医院内で男が放火か、殺人容疑で捜査本部設置

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 17日午前10時20分頃、大阪市北区曽根崎新地の雑居ビル「堂島北ビル」(8階建て)の4階にある心療内科クリニックから出火し、患者ら男女28人が救急搬送され、うち24人の死亡が確認された。3人が心肺停止状態で、1人は軽いけが。大阪府警は、50歳代の男が来院直後に放火したとみて、殺人と現住建造物等放火の容疑で捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、男は心肺停止状態で搬送され、容体は重篤という。現場から西に3・5キロ離れた同市西淀川区の住宅に住んでいるとみられ、事件の約30分前には、この住宅で火災があった。放火の可能性があるという。

火災があった堂島北ビル(中央)(17日午後5時43分、大阪市北区で、読売ヘリから)=原田拓未撮影
火災があった堂島北ビル(中央)(17日午後5時43分、大阪市北区で、読売ヘリから)=原田拓未撮影
騒然とする火災のあった現場周辺(17日午後0時52分、大阪市北区で)=宇那木健一撮影
騒然とする火災のあった現場周辺(17日午後0時52分、大阪市北区で)=宇那木健一撮影

 ビルの出火現場は「西梅田こころとからだのクリニック」(西沢弘太郎院長)。約80平方メートルのうち25平方メートルを焼き、約30分後にほぼ消えた。

 府警によると、クリニックから無事に逃げ出した女性2人が府警に「50歳代ぐらいの男が来院直後、持ってきた紙袋を暖房器具付近に置いて蹴り倒した。袋から漏れ出てきた液体が燃え上がった」と証言。府警は、火災の状況などから、可燃性の高い液体だったとみており、50歳代の男とクリニックとの関係を調べる。

 府警によると、死亡した24人は20~60歳代、心肺停止状態の3人は20~50歳代とみられる。多くはクリニック奥にある診察室付近で倒れており、一酸化炭素中毒の可能性が高い。

 このほか、6階にいた女性1人は窓から救出されたという。

 クリニックのホームページによると、診察は原則予約が必要で、初診は完全予約制だった。毎週金曜日には、うつ病などで休職した患者らの職場復帰を支援する「リワークプログラム」があり、多くの患者が訪れていたという。

 ビルは鉄骨鉄筋コンクリート8階建てで、4階はクリニックだけだった。ほかの階には英会話教室や紳士服店などが入っている。

 現場は「北新地」と呼ばれる西日本有数の繁華街。JR大阪駅南側にあり、飲食店やオフィスビルが立ち並ぶ。

 現場のクリニックは、細長い間取りで、出入り口はエレベーターと非常階段の2か所あったが、いずれも受付の近くだった。受付付近が最も燃えており、府警は、奥側にある診察室や待合スペースにいた患者らが逃げられなかった可能性があるとみている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2605656 0 社会 2021/12/17 16:11:00 2021/12/18 00:51:07 2021/12/18 00:51:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211217-OYT1I50168-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)